24年ぶりのリーグ制覇を狙う、広島カープ!







ヤンキースから黒田博樹投手、阪神から新井貴浩選手と、
かつてチームを支えた選手が帰ってきたこともあって、
24年ぶりのリーグ制覇に向けて、チームだけでなく、
街全体、が優勝に向けて盛り上がっている広島カープ。


2年連続クライマックスシリーズに進出しているように、
地力もついてきており、リーグ初優勝から40年という節目の年のこともあり、
優勝に向けて絶好のチャンスといえる。


しかし裏を返せば、今年優勝できないと、
またしばらく優勝の可能性は低いとも思われ、
過度なプレッシャーで逆効果になってしまうことも懸念される。


何といっても戦力的に大きいのは、
ヤンキースから黒田博樹投手が復帰したことだ。


メジャーリーグで先発投手として求められるぐらいの選手が、
日本に復帰する初めてのケースで、今までにも増して注目されるだろう。


初のオープン戦では好投を見せているが、
オープン戦とシーズンは全く別物なので過度な期待はせず、
2ケタ勝利をあげれば万々歳というところだろうか。


本人の結果よりも前田健太投手など他の選手の精神的支柱として、
ロサンゼルス・ニューヨークと大都市で精神力を発揮してきた、
黒田投手らしさを見せてもらいたい。


秋の日米野球でも好プレーを見せた菊池涼介選手を始め、
実力ある若い選手が多い広島だが、選手層は薄くケガ人が怖いところ。


バリントン、ミコライオなど、
近年の躍進を支えた外国人が退団したことや、
緒方新監督に変わったことが、どうチームに影響するのか。


いずれにしても、今年のセ・リーグを、
最も盛り上げてくれるチームであることは間違いない。





コメントする