今年のパ・リーグを制するのは?







昨年は、オリックスの予想外の健闘もあり、
優勝争いが終盤までもつれた、パ・リーグ。


結局は、戦力に勝るソフトバンクがリーグ優勝を飾り、
そのまま日本一を勝ち取ったが、オリックスの健闘と、
日本ハムのクライマックスシリーズでの戦いぶりが、
印象に残るシーズンだった。


今期も、変わらぬ大戦力を誇るソフトバンクを中心に、
優勝争いが展開されると予想されるが、
例年、混戦模様のパ・リーグを制するのは、
果たしてどのチームになるのだろうか。


前評判が圧倒的に高いのが、
ソフトバンクとオリックスの両チームである。


ほぼ昨年の戦力が、そのまま残るだけではなく、
メジャーリーグから復帰した、松坂大輔選手も加わり、
工藤新監督のもと、ダイエー時代から果たしていない、
日本一連覇を目指している。


かたやオリックスは、昨年の悔しさを晴らすべく、
アスレチックスから、中島選手、横浜からブランコ選手など、
大型補強を進め、戦力は充実している。


ブルペン陣の層が薄いのが難点だが、
それ以外は、ソフトバンクと比べても何ら遜色はない。


その他4チームは、似たり寄ったりの混戦模様。


昨年5位に終わった西武は、
昨年不調に終わった選手と、外国人次第な状況だし、


日本ハムは、ベテラン大量放出が、
チーム状況にどういう影響を与えるか、不透明な部分が多い。


北海道に移転したばかりの頃の、
地元密着が、薄れつつあるのも気がかりだ。


千葉ロッテは、打線はある程度計算できるものの、投手陣に不安を抱える。


楽天は、一昨年ヤンキースに移籍した田中将大投手の穴が、
いまだに埋まっておらず、大久保新監督が、
ファンに支持されるかなど、マイナスの話題が多い。


いずれにしても、優勝争いが最後までもつれると予想される、
パ・リーグの開幕が待ち遠しい。





コメントする