新たな段階に入った、東北楽天ゴールデンイーグルス!







2013年、震災の後遺症に苦しむ被災者に、
勇気と感動を与えた、東北楽天ゴールデンイーグルスの、初優勝。


野球という一スポーツが、社会にもたらす影響力を見せつけてくれたが、
昨年は、ヤンキースに移籍した田中将大投手の穴が、最後まで埋まらず、
屈辱の最下位に沈む結果となった。


勝負強いバッティングと、明るいムードメーカーだった、
スーパースター、アンドリュー・ジョーンズもチームを去り、
投打の柱が欠けた上に、ファンからも不安の声が上がる、
大久保博元新監督が誕生するなど、チームを巡る話題は、
明るいとは、とても言えない状況にある。


かつて、ヤクルトスワローズが、
日本シリーズ初出場初優勝を遂げた際も、
翌年最下位になり、その後、長く低迷が続いた。


歴史は巡ると言うが、今の楽天の姿は、
その時のヤクルトを、連想させるものがある。


故障持ちとはいえ、高校球界で名を馳せた、安楽投手の獲得や、
広島で実績のある、ミコライオ投手の獲得など、
プラス材料もなくはないが、全体的な戦力不足は解消していない。


パ・リーグの他チームの陣容は、充実しており、
今の状態で、楽天がクライマックスシリーズ進出するのは、
相当ハードルが高いと、言わざるを得ない。


田中将大投手に、迫るほどの新しい投手、
ジョーンズやマギーと同様の活躍をする、
外国人選手が現れない限り、再浮上は難しいと言える。


今年は、大久保新監督にとって、辛抱の年となるに違いない。
その中で、新戦力を発掘し、来年以降に繋げたいところだ。





コメントする