日本一大本命の、ソフトバンクホークス!







昨年は、接戦の末に、リーグとクライマックスシリーズを制し、
日本シリーズでは、伸び伸びとプレーし、阪神を4勝1敗で破り、
日本一になった、福岡ソフトバンクホークス。


ほとんど戦力が変わることなく、
そのままでも、十分日本一連覇が狙えるところに、
メジャーから、松坂大輔、韓国球界から、バンデンハークと、
2人の実績ある先発投手を獲得。


摂津、大隣を始めとする、今のままでも他球団がうらやむ先発投手陣が、
さらに強化されることとなった。


野手にしても、内川・松田・柳田・今宮といった、
昨年の、日米野球で選ばれたカルテットに加え、
長谷川・本田・明石など、有力選手がひしめいている。


唯一不安なのは、ケガをした細川選手がいる、キャッチャーぐらいだろうか。


しかし、捕手のリードが少々まずくても、
失点を取り返せるだけの、強力な打線となっており、
死角は見当たりそうにない。


本拠地にラッキーゾーンができたことも、有利に働くだろう。


不安な点は、中継ぎ・抑えが、どれだけ機能するかということと、
有り余る戦力を誇るだけに、不満を持つ選手が現れた時に、
ベンチの雰囲気がどうかということ、


そして、矛盾するようだが、充実している先発陣の中で、
「こいつが投げれば勝てる」と言い切れ、
る絶対的エースの存在が、ないことである。


長いシーズンは問題ないだろうが、
その後の短期決戦になった時に、どうなるのか。


工藤新監督のチームマネージメントの力量が、
ソフトバンク日本一連覇のカギを、握っていると言えるだろう。





コメントする